Archive for 6月, 2016

ミニバンの中古車査定

オオデッセイやエスティマなど日本には本格的なミニバンが数多く存在しているものの、どれも中途半端な印象が否めない。日本のモータリゼーションにおいて選択肢が増えたという意味ではミニバンが作ったマーケットは非常に意義があったが、自動車の走りという面だけを見ればまだまだ問題があると言わざるを得ない。しかし今の日本においてミニバン以外に選択肢がないというのも現実である。スポーツカーの多くは廃盤となり、もう存在すらしていない。セダンも売れ行きが芳しくないために、メーカー側もあまり積極的に進化させようというつもりは無いように感じる。やはり売れ筋であるミニバンに注力したいというのがメーカー側の本音なんだろう。一昔前にファミリーカーといえば、数多くの選択肢があったが、今はもうをミニバン以外に選択肢がないというのが実際のところであろう。ミニバンは確かに車内が広いかもしれないが大人数が乗ってしまえばトランクスペースがほとんどなくなってしまう。そそして、走る曲がる止まるという旨の基本性能においては、どれもイマイチで運転していて欲しいということが決してない。本来自動車というものは、自分でステアリングを握って思うがままに走れるのが最大の魅力であるはずである。にもかかわらずミニバンはその条件を完全に無視した作りになっているのである。しかし、現在の日本においては、車のパーソナリティーよりも示談に大勢が乗れる車が支持されるようになってきてしまっている。以前のように若い人が車を買いデートに行くという場面も少なくなった。今はレンタカーを借りればいいという発想になってしまっている。非常に寂しいことである。しかしミニバンにも1つだけ意見がある。それは中古車査定相場が比較的高いことである。中古車として手放す時に査定は高いので得した気分になれるというのはミニバンの長所と言えるかもしれない。またミニバンを中古車として買うときにもメリットがあると言えるだろう。このようにいくつかの問題はあるもののミニバンが現在の日本において、売れ筋の車であることは変わりがない。中古車市場で安定した人気を持っているミニバンがこれからもますます支持される事は間違いないであろう。